スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソニー 2020年までにスマートフォン従業員数を50%削減

ソニーはスマートフォンの競争激化に伴い、毎年販売台数を減少させています。
そのため2020年までに、スマートフォン関係の従業員数を半分まで削減するようです。
この影響で、日本の従業員の一部も他部署に移動することになります。

ソニーのシェアは2010年の3%超から2018年には1%未満まで落ち込みました。
2018年度は5年前の1/6の650万台まで減少します。

 

[ソース:nikkei]