スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天モバイル 総務省の規制対象外へ

総務省は今年中に新たな規制を導入し、端末代と通信量の完全分離を義務付けます。
この場合、シェアの小さい事業者は圧倒的に不利となる可能性がありましたが、この規制に対して例外を設けるようです。
シェアが小さい事業者はこの規制の対象外とし、新規参入する楽天モバイルはこの規制対象外となるようです。

ただこの場合、料金プランが非常に複雑になり、さらにどの程度のシェアを対象外にするのかという問題が発生します。
特にMVNOの場合は、シェアを拡大することが生き残りの重要なポイントとなりますが、シェアを拡大すると規制の対象となり競争に不利となるという矛盾が生じます。

結局複雑な規制をかけることで、当初のわかりやすいプランという目的から離れて行くことになるのではないでしょうか?
なお総務省は楽天モバイルなどを規制対象外とするという報道に対して、事実無根と反論していますが、実際にどうなるのか注目です。

[ソース:nikkei]