スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年Q1 アップルの決算を斬る その3

アップルが2019年Q1の決算を発表しました。
iPhoneは減収減益となりましたが、地域別で見るとアメリカは順調に売上を増やしています。
またアジア地域も急速に売上を増やしています。
一方で中国の低迷が目に付くようになってきました。
image

 

今回からのアップルは各デバイスの台数発表を止めました。
これは今後出荷台数を追わないという意味と、今までのように急速に増やすことは難しいと考えているのでしょう。
一方で、アクティスベースのiOSが14億台に達するとのコメントを出しています。
これは今後サービス部門に力を入れていくことを意味しているのでしょう。
ただ高額なアップル製品を使用するユーザーが、果たしてiOSを搭載する機器にいつまでも使用するかは、アップルが魅力的なサービスと機器を提供できるかにかかっているでしょう。