スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル 次期iPhoneにタッチ一体型OLEDを採用へ

アップルは次期iPhoneにY-OCTAと呼ばれるタッチ一体型OLEDを採用することを決定したようです。
現在このタイプのOLEDはサムスンディスプレイのみ製造でき、このパネルを採用することでより薄く軽いiPhoneを製造できることになります。

従来はフィルムタイプのタッチスクリーンパネルを別途追加する方法を採用していました。
このディスプレイは、2019年発売のiPhoneの1つのモデルに採用されると予想されています。

[ソース:etnews]