スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル ノートPC市場で一人負け

調査会社のTrendForceが、2018年Q3のノートPCのレポートを公表しました。
ノートPC市場は、インテルのCPUが不足しているため当初予想よりも成長率が減少しました。
それでも3.9%増加しました。

一番出荷台数が増えたのはDellで前年同期比で8%増加しました。
一方アップルは-24.3%と一人負けの状況です。
これは新しいMacBook Airの発売がQ4にずれ込んだことが影響していると思われます。

711762001542685370

[ソース:trendforce]