3Dプリンターによりリチウムイオンバッテリー

現在様々な機器にリチウムイオンバッテリーが採用されていますが、大部分が円筒や長方形の形状です。
そのため機器のデザインに対する制約が発生しています。

しかしデューク大学の研究者が、3Dプリンターでリチウムイオン電池を作成する方法を発表しました。
ただし性能は市販のバッテリー容量よりも2桁小さく、実際に使用するのは難しいレベルです。
ただ今後改良が進めば、非常に有望な製品になる可能性があります。

1017183DPrintedBatteryHR

[ソース:acs]