アップルやAmazonのサーバーにスパイチップの存在を指摘

bloombergがアップルやAmazonなどのサーバーからスパイチップが見つかったと主張しています。
これはサーバーのマザーボードなどを製造しているスーパーマイクロコンピューターの製品から発見されました。

本来設計にはない、米粒ほどの大きさのマイクロチップがボードに組み込まれており、Amazonがこれを発見したと主張しています。
このチップは、どのネットワークからもアクセスするとを可能とするものだと言われています。
なおこのチップの埋め込みは、中国の製造下請け会社で行われたようです。

この方法により、アメリカ企業の約30社が標的とされ、人民解放軍の工作員により埋め込まれたもののようです。
アップルやAmazonは、この指摘を事実ではないとのコメントを発表していますが、ハードウェアレベルでのハッキングは非常に有効な方法です。

20181005_1

[ソース:bloomberg]