スポンサーリンク

スポンサーリンク

Huaweiスマートフォン ベンチマークで不正を実施

Huaweiがベンチマークで不正を行っていたことが発覚しました。
今回不正を行っていたベンチマークソフトは、UL Benchmarks、Futuremark、3DMarkです。
対象は、Huawei P20 Pro、Nova3、Honor Playです。
実施方法は、ベンチマークソフトを確認すると使用する電力が増加し、結果をよく見せるものです。

image

中国のスマートフォンメーカーは、頻繁にこのような行為を繰り替えしています。
世界2位のスマートフォンメーカのHuaweiも以前からこのような行為をしていました。
ベンチマークにあまり意味はないのですが、宣伝に使えることでベンチマークを重視しているようです。

[ソース:anandtech]