総務省 ガイドラインの改正を発表

総務省はモバイルサービスの提供条件のガイドラインを改正することを発表しました。
改正内容は、大きく4つあります。

  1. 通信事業者が不当に端末の流通・販売を制限することを禁止
  2. 不当に端末の販売価格やその値引き額を実質的に指示することを禁止
  3. 中古端末のSIMロック解除に応じること
  4. 長期に拘束する効果のある残債免除施策について利用者への説明を義務化

これで大きく何かが変わるとは思えませんが・・・。
なおSIMロックについては2019年9月1日から、その他については2018年8月28日から適用されます。
image

[ソース:総務省]