総務省 中古スマホのSIMロック解除を義務化

総務省は2019年7月から中古スマホを購入したユーザーがどの通信会社を選べるように、SIMロック解除を義務付けるようです。
これでMVNOへの移行をしやすくし、競争を促すことを狙うようです。

ただ実際にSIMロック解除を強制させても、MVNOへ移行するユーザーは少ないと思います。
そのようなユーザーは既にMVNOへ移行しており、これから加速的にMVNOへ移行する割合は少ないのではないでしょうか?

結局総務省が端末0円規制やCB制限、料金引き下げなど矛盾した施策を行ったために、大手キャリアは利益が増加し、MVNOは料金争いに巻き込まれ疲弊してしまいました。

またMVNOも混雑時のスピード低下がひどすぎることが知れ渡っており、MVNOへ移行するならばサブブランドに移行するのではないでしょうか?

 

 

[ソース:nikkie]