スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 公正取引委員会と消費者庁との連携を強化

総務省は電気通信サービスに関わる情報交換会を定期的に公正取引委員会と消費者庁との間で開催することを発表しました。
これは端末購入補助、広告表示、セット販売、拘束期間、公正競争の確保のために行うということです。

ただあまりにも規制を強化すると、実質競争がなくなるのではないでしょうか?
最近は大手キャリアも競争がほぼなくなり、ユーザーの囲い込みに動いています。
結果的に、役所の介入でMNPや各種競争がなくなって来ている状況のように思えます。
楽天の参入で再度活性化すればいいのですが、現実的に大手キャリアからユーザーを奪うのは厳しいと思います。

 

[ソース:総務省]