TSMC ウイルス感染で生産が一時停止でiPhoneにも影響

アップルのiPhone XSシリーズに搭載されるチップを生存しているTSMCの生産ラインがウイルスに感染し、生産が一時停止したことを発表しました。
損失は2億6000万ドル以上で、特に7nmプロセスの生存ラインへの影響が深刻だそうです。
そのため7nmプロセスを利用しているiPhone、MediaTek、NVIDIAなどに影響します。
破棄するウェハは1万枚以上、Q3の売上は2%程度減少すると予想されています。

なおウィルスは昨年流行した身代金ウィルスであるWannaCryの亜種と思われます。
TSMCは製造に使用しているコンピューターのOSがWindows7でマイクロソフトの修正プログラムをインストールしていなかったようです。

WannaCryは20万台以上に感染

 

[ソース:udn]