楽天 携帯事業のCTOをインド獲得

楽天は2019年10月から携帯事業に参入します。
そのために色々準備を開始していますが、この事業のCTOをインドの携帯電話大手の上級副社長から迎えることを決定しました。
新しくCTOになるのは、タレック・アミン氏で、わずか1年半でインドの国内シェア15%の通信会社に育て上げました。

さらに楽天は様々な人材を大手3社から集めているようです。
なお楽天の状況は、総務省や公正取引委員会も見守っており、これに対抗する料金プランなどを特定のユーザーだけに打ち出した場合は、厳正に対処するとコメントしています。

楽天が大手3社からユーザーを獲得するには、低価格で高品質なサービスを提供しないと難しいかもしれません。
その場合、比較対象はサブブランドになる可能性があります。

 

[ソース:nikkei]