スポンサーリンク

スポンサーリンク

大手キャリア 豪雨災害被災者に対する支援を発表

KDDI、docomo、softbankは平成30年7月豪雨の被災者に対する支援内容を発表しました。

KDDI
KDDIは災害救助法が適用された地域のユーザーに対して、データ通信容量を追加で10GB付与します。
また7月5日からデータ容量追加までに行ったデータチャージについても、料金は請求しません。

 

softbank
ソフトバンクとワイモバイルは、災害救助法が適用された地域のユーザーを対象に、追加データ購入料金を8月31日まで無料とします。

ドコモ
ドコモは災害救助法を適用された地域のユーザーを対象に、通信容量制限を7月31日まで解除します。