アメリカ ZTEの制裁の一部緩和

ZTEは以前アメリカから制裁を課されていますが、その一部が一時的に緩和されました。
緩和期間は2018年7月2日から8月1日までです。
この期間にできる事業は、既に整備しているネットワークや設備を維持するために必要な業務、及び4月15日以前に契約したユーザーのサポート業務のみです。

 

[ソース:reuters]