スポンサーリンク

スポンサーリンク

Huawei 5Gネットワーク機器競争で影響拡大

通信会社は5Gのネットワーク構築を開始していますが、Huaweiがこの中で影響力を拡大させているようです。
昨年、Huaweiは無線通信機器のシェアの28%を獲得し、ノキアやエリクソン、サムスンを抜いて1位を獲得しました。

Huaweiの強みは、価格と性能が十分な競争力を備えている点です。
既に韓国でもLGU+がHuaweiの機器を導入しています。
また3.5GHz帯ではHuaweiが、28GHz帯ではサムスンの技術が優れていると評価されています。

5g_network

[ソース:zdnet]