公正取引委員会 接続料の見直しを提言

総務省によるモバイル市場の検討会が終了しましたが、今度は公正取引委員会による提言が発表されました。
今回問題視されているのは、接続料で算定基準が不透明で競争を阻害している可能性があるとの報告書を作成しました。

ただ接続料は、総務省が算定した基準に基づいて計算されており、総務省も問題としていませんでした。
今回公正取引委員会が接続料について指摘しましたが、恐らく格安スマホの料金がこれ以上下がってもユーザーの移動は限定的ではないでしょうか?

格安スマホは、料金が安い反面通信速度の面で大手キャリアやサブブランドと比較して大きく劣っています。
この状況のまま、通信コストだけ下げてもユーザーは格安スマホを選択する可能性は少ないのではないでしょうか?

 

[ソース:nikkei]