アメリカとZTEが輸出禁止措置を解除することで合意

アメリカがZTEに対して、7年間の輸出禁止措置という制裁を課しましたが、その制裁を解除することで合意に達したようです。
この制裁で、ZTEは企業活動が実質停止されてしまい、倒産の危機が噂されていました。
またZTEから製品を調達していた企業にも影響が出ていました。

今回制裁を解除するにあたり、ZTEは罰金を支払うことで合意したようです。
なおZTEはアメリカで4位のスマートフォンのシェアを持っていました。

 

[ソース:yahoo]