スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル iPhoneをクラッシュさせるバグ

黒い点が含まれるUnicode文字列をメッセージアプリで送信すると、iPhoneがクラッシュするバグが発見されました。
この問題は、iOS10からiOS11.4 betaまでに含まれるバグです。
黒い点が含まれる文字を送信すると、プロセッサーが高負荷になり、メモリ利用量が増加することでクラッシュします。

bskwon_GOuG7zFd6eIim

[ソース:zdnet]