インドのスマートフォン競争が激化

インドのスマートフォン市場の競争が激化しているようです。
昨年はインド市場から撤退した企業は13社に上りました。
2015年は2社、2016年は5社、2017年は13社、2018年は現在10社が撤退しました。

これはインド市場のスマートフォンの成長率が鈍化していることも原因です。
2015年には20%を超えていた成長率が、2016年には5%まで落ち込みました。
2017年は14%まで回復しましたが、成長率の変動が激しくなっています。

またトップ5がインド市場のシェアの77%を占めており、トップ15社では90%以上のシェアを占めています。
またXiaomiとサムスンでシェアの60%を支配しています。
これをOppo、Huaweiなどが追いかける状況です。

1068148_20180501140507_242_0001

[ソース:etnews]