スポンサーリンク

スポンサーリンク

サムスンディスプレイのOLED工場の稼働率が改善

アップルのiPhoneXが、当初予想ほど売れなかったために、サムスンディスプレイのOLED工場の稼働率が極端に低下する事態になりました。
稼働率は40%まで落ち込んだようですが、A3ファブの稼働率がかなり改善してきたようです。
現在の稼働率は70~80%前後まで改善してきましたが、これはサムスンのGalaxy用のパネルの生産量が増えたことによるものです。

また5月から、アップルの新型iPhone用のパネル生産が開始され、さらに稼働率が上昇すると予想されています。

samsung_A3

[ソース:etnews]