総務省 5Gに向けて携帯電話の電力密度の評価方法を検討

予定では2020年から5Gのサービスが開始されることになります。
5Gでは、6GHzを超える周波数帯が使用されますが、現在機器から放射させる電波から人体を保護するための指針や評価方法が規定されていません。

そこで総務省は、6GHz以上の周波数帯においても、国際的に整合性の取れた評価方法を確立し、電波の安全性を確立確保するために電力密度による評価方法について諮問を行いました。

image

[ソース:総務省]