スポンサーリンク

スポンサーリンク

AMOLEDパネルの需要が大幅に下回る

アップルがOLEDパネルを採用するこということで、昨年はOLEDが非常に人気となりました。
しかしiPhoneXの失敗から、AMOLEDパネルの需要が予想を大幅に下回っているようです。

アップルは今年のiPhoneのOLED割合を見直すことを検討しており、HuaweiやOppo、VivoなどもOLEDの採用を見送るようです。
一方ミドルレンジのスマートフォンでは、高解像度のディスプレイの需要が増加しており、LTPSなどのパネルの需要が急増しています。

AMOLEDが普及するには、もう少し製造コストを削減する必要があります。

2016-2018_Mobile_phone_display_shipments_and_forecast_by_technology

[ソース:ihsmarkit]