スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年4月第2週目 狙うべき乞食向けMNP携帯

新年度2週目に入り、相変わらずMNPは低迷しています。
総務省の検討会も無難な結果に終わりそうですが、公正取引委員会の動きが気になる所です。

ドコモ
ドコモのパターンに則り、機種変更に対しても端末購入サポートの適用を実施してきました。
いよいよドコモはAndroidの在庫処分が最終段階に入ったようです。

1位:M Z-01K

 

au
特に動きはありませんが、サブブランドを優遇しているという問題は、問題なしという総務省の結論が出ました。
そのため今後もサブブランドに力を入れていくことは間違いないでしょう。

1位:GRATINA

 

softbank
ソフトバンクは携帯電話関係ではあまり動きがないのですが、ソフトバンクグループでは色々問題を抱えているように見えます。
投資会社としての制約を受けたソフトバンクグループ、Tモバイルとの買収交渉など、なかなか大変のようです。

1位:iPhoneX