アメリカ当局 ソフトバンクに業務制限

アメリカの対米外国投資委員会(CFIUS)は、ソフトバンクグループに対して投資会社の業務運営に関与に制限を課していたようです。
これは昨年から実施されており、買収先のアメリカ投資会社の業務に影響を及ぼすことが制限されています。

CFIUSは、中国との関係を警戒しているようです。
ソフトバンクグループが中国とのつながりを疑われているのかもしません。

 

[ソース:sankei]