App Storeのアプリが29%減少

調査会社のAppFiguresが、2017年にApp Storeのアプリの数が29%減少したと発表しました。
年末にダウンロードできるアプリの数を見ると、Google Playは毎年増加していますが、iOSは2017年減少に転じています。
01-03-Apps-Available-On-iOS-and-Google-Play@2x-2

 

また毎年どの程度新しいアプリがリリースされているか見ると、こちらもiOSは2018年に大幅に減少したことがわかります。
02-04-New-Apps-Released-by-Year@2x-1

 

また各プラットフォーム間で、どの程度移植されたか見るとiOSからAndroidが圧倒的に多いことがわかります。
05-Number-of-Ported-Apps@2x-2

 

この結果から、直ぐにiOSアプリが衰退しているとは言えませんが、あまり楽観視できる結果とも言えません。
Androidの販売台数が圧倒的に多いので、アプリが多いのは仕方ないのでしょうが、iOSアプリも開発数が増えないと衰退する可能性はあります。

[ソース:appfigures]

appleapple

Posted by mobilego