サムスン OLEDラインの稼働が不透明へ

昨年は、アップルがOLEDディスプレイを採用することになったため、需要の急増が見込まれていました。
サムスンもOLEDラインを増設しましたが、実際にはiPhoneXの需要が大幅に予想を下回ったために、ラインの稼働が不透明になってきました。
またそれを補う期待が高かった中国のスマートフォンメーカーもOLEDの採用を削減しています。

そのため増設したラインの稼働が半年以上先送りされるようです。
既に量産準備が終了している状況で、かなり厳しい状況に追い込まれているようです。

1057790_20180402183659_523_0002

[ソース:etnews]