2018年3月第5週のMNP動向

年度末である3月も終了し、いよいよ新年度に入ります。
例年どおり、4月は条件が悪化すると思われます。
また今年は世界的にスマートフォンの成長率が鈍化することが予想されています。
これに対してキャリアが対策を打ってくるのか注目です。

7日間で見ると、やはりピークは先週だったようです。
平日もそれなりの水準を維持していたのですが、やはり3月が土曜日で終了したのも痛かったようです。
image

 

30日で見てもその傾向がはっきりとわかります。
image

 

大人気だったiPhone8も流石に月末では勢いがありませんでした。
もう少し台数を稼ぐために頑張ると思ったのですが・・・。
image

 

iPhone7は既に終了モードのようです。
もし4月以降に、iPhone8の販売価格が上昇すれば、まだ売れるかもしれません。
image

 

iPhoneSEも勢いがありませんでした。
やはり需要があまりないのかもしれません。
image

 

GRAITNAもあまり勢いがありません。
image

 

やはり例年どおり、3月は月末の1週間前がピークとなったようです。
2019年は月末が土日になるので、もう少し勢いがあるかもしれません。

年度末のCBを見ていると、3,4週目がピークだったようです。
特に4週目は増額されていたようですが、毎年4週目がピークとなるのかといえば、状況次第でしょう。
昨年のように総務省の指導が入ると、一気にCBは削減されるので、中旬から動くのが安全でしょう。

4月は例年端末価格も上昇し、あまりイベントもありません。
5月になればAndroidの夏モデルが発表され、また動きがでてくるでしょう。