スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル 2018年Q2から次期iPhoneシリーズの試作開始

アップルは2018年のiPhoneシリーズから、3Dセンサーを標準にすると言われています。
昨年は3Dセンサーで量産歩留まりに苦戦しましたが、今年はQ2から試作を開始するようです。

ただし現在のところ、次期iPhone向けの部品の発注の増加は確認されていません。
それでも部品メーカーは、Q2からアップルの部品発注が増加すると予想しています。

[ソース:digitimes]