楽天 携帯電話基地局は東京電力の施設を利用

楽天は携帯電話事業に参入することを表明ていますが、その投資額の少なさに不安の声が上がっています。
基地局を整備するために、多額の費用が必要となりますが、今回東京電力グループの施設を活用することで合意したことを発表しました。

これにより楽天は、東京電力の送電鉄塔や配電柱、建物などを活用して基地局を設置していくことが可能となります。
通常基地局を設置する場合は、その施設の所有者との交渉が必要となりますが、この手間が省けることになります。
今後各電力会社に対しても、同様の協力を検討していくようです。

 

[ソース:rakuten]