スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 無線LANの周波数帯域拡大について検討

今後無線LANの使用がさらに増加することで、通信が混雑することが予想されています。
そのため5.2GHz帯、5.6GHz帯を使用することを検討しています。
5.2/5.3GHz帯は、現在屋内利用に限定されており、5.6GHz帯は航空機内に限定されています。

この周波数帯域を使用する場合の技術検討を行った結果、共用可能とするための技術的条件を策定しました。
既にカナダや米国では、この周波数帯域の利用が開始されていことも大きいようです。

image

 

[ソース:総務省]