スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 モバイル市場の公正競争促進に関する検討会でサブブランドが反撃

総務省で第3回モバイル市場の公正競争促進に関する検討会が開催されました。
前回はMVNOからサブブランドに対して優遇しているのばないかと、との意見がだされました。
これに対して、KDDIとソフトバンクは総務省の基準に則り公平な条件で提供していると回答しました。

UQの場合、auに対してWiMaxを提供することである程度の料金を回収しているのではないでしょうか?
そのため比較的大規模な帯域を確保しているのではないかと思われます。
image

ワイモバイルの場合は、AndroidOneなど外部から端末を調達することで必要な開発費を抑え、その分を料金などに反映しているとの回答でした。

[ソース:総務省]