スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 モバイル市場の公正競争促進に関する検討会を開催

総務省はモバイル市場の公正競争促進に関する検討会を開催しました。
今回の開催は第2回になり、MVNOからの意見が表明されました。

今回問題とされているのは、サブブランドの品質に対する料金が安すぎると言うものです。
また音声の卸料金も高止まりしていることを問題としています。

これらの問題は総務省がキャリアの通信料金を値下げすることを目的としていた当初から、わかっていたことであり今更に感もあります。
MVNOの指摘を聞いた場合、逆に通信料金が値上がりする可能性もあります。
またサブブランドが速度維持しつつ、料金の低価格化を行える理由を競合であるMVNOに明らかにすることはないでしょう。
どちらかと言えば、MVNOが乱立しておりコスト低減できていないことが問題なのではないでしょうか?

 

image

 

[ソース:総務省]