カリフォルニア州 脳の保護のためにスマホガイドラインを公表

カリフォルニア州の公衆衛生部が携帯電話から放射される電磁波の影響を減らすための指針を公表しました。
これは一部専門家から携帯電話から放射されるエネルギーを長期間・高頻度に曝露した場合に懸念があると発表されたことによるものです。

また個々数年、アメリカでの携帯電話の使用頻度が劇的に増加しており、特に子供に対する影響が懸念されています。
今回公表されたガイドラインは以下の通りです。

1.携帯電話を体から遠ざける。
2.通話はヘッドセットを使用する。
3.信号が弱い時は、携帯電話の使用を控える。
4.オーディオやストリーミングの使用を減らす。
5.夜は電話をベットから話す。
6.通話していないときは、ヘッドセットを外す。

これらは何れも携帯電話から放射されるエネルギーを直接脳や体に曝露しないための指針になります。

image 

[ソース:cdhp]