アップル iPhoneXの発注を大幅削減

アップルは2018年Q1のiPhoneXの発注を大幅に削減します。
従来の5,000万台から40%削減し、3,000万台へと下方修正しました。
iPhoneXの販売が大きく減速したのは、高価格、インフィニティディスプレイのアプリが対応などの問題が上げられています。

既にA11の発注も削減され、各国でiPhoneXの在庫が積み上がっているようです。
また今後同様の機能を搭載したAndroidの発売が予定されており、こちらを購入するユーザーも増えるようです。
iPhoneX_20171025

 

[ソース:udn]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です