アップル 2018年iPhoneにもQualcommチップを使用

アップルとQualcommの特許訴訟が激化している影響で、アップルは現在iPhoneに使用しているQualcomm製のチップの排除に動くと噂されていました。
早ければ2018年のiPhoneからQualcomm製チップを排除すると噂されていましたすが、流石に来年から実施するのは無理だったてようです。
2018年のiPhoneには、インテル製のXMM7560とQualcomm製のSnapdragon X20が搭載される予定です。
ただしの割合は、Intel製が80%、Qualcomm製が20%程度となるようです。

また来年からデュアルSIM、デュアルLTEもサポートするということで、バンドチップの性能がさらに重要となります。

image

 

[ソース:macrumors]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です