アップル iPhone XのFaceIDの精度を変更

アップルはiPhone Xの量産に苦しんでいますが、その理由はFaceIDのモジュールの精度の品質を確保するためと言われています。
Bloombergはこの品質を緩和することで、量産を容易化させたと主張しています。
アップルは顔認証の精度は、100万分の1の認識率と高精度を誇っていると主張していますが、この精度を低下されたのかもしれません。

ただしアップルはBloombergの主張はまったくの誤解で、精度は当初のスペックのままとコメントしています。

vlcsnap2017091303h48m27s967_thumb2[1]

[ソース:bloomberg]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です