アップル iPhone Xを300万台準備

いよいよ来週からiPhone Xの予約が開始されます。
量産に苦戦しており、初期出荷台数がかなり限定されると予想されていますが、その台数は300万台程度になるようです。
3Dセンサーを含む様々な部品の量産に苦戦しているとのうわさでしたが、最終的にはアンテナシステム用のフレキシブル基板が問題となったようです。
この製造は村田製作所が担っていますが、iPhone X用の特殊な材料、プロセス、試験が必要だったため苦戦しているそうです。

次に苦戦しているのが広角カメラ基板です。これはデュアルカメラ向けの基板でこちらもアップル用の独自スペックとなっています。

vlcsnap-2017-09-13-03h47m09s202[1]

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です