ドコモ Z-01Kを世界販売へ

ZTEと共同開発した折り畳み式のスマートフォンであるZ-01Kを世界で販売することを発表しました。
このモデルは5.2インチのディスプレイを2枚東医しており、それぞれ独自に別々の画面を表示できます。
海外ではアメリカ、ヨーロッパ、中国での販売が予定されており、アメリカのAT&Tが来月から725ドルで利用できるようになります。
なお日本での販売は2018年1月以降となっています。

z01k

[ソース:docomo]

Pocket

2 thoughts on “ドコモ Z-01Kを世界販売へ

  1. 端末を開くと画面が広くなるスマートフォン…というのは折り畳める液晶の開発成功で登場が予想されていました。
    実際に出てきた端末は旧来の分割画面だったわけですが、この端末が成功するにせよ失敗するにせよ、その影響で折り畳める液晶は生まれる前に止めを刺されるのか、それとも幅広く普及するようになるのかが気になっています。

    この端末自体については、便利さを感じるのは7インチクラスのタブレットを重宝していた人だと思います。地図の表示やショッピングなど、スマートフォンサイズでは画面が狭く感じる用途には役に立つでしょう。
    女性向けに感じるので、そういう端末を黒1色で出したのは良くなかったような気がします。
    この端末だとケースに入れようもないですし、デコレーションも無理ですよね…。

    • こんにちは。icさん。
      機能的には面白いし、実用的なディスプレイサイズが大きくなるのはいいと思います。
      厚さが12mmと少し厚いのが気になるのですが…。
      サムスンなどが折り畳みのスマートフォンを出す出すと言っていますが、ユーザーの利便性を追求せずに単純に技術を見せびらかすような製品にしてしまうと、まったく売れないでしょう。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です