東芝 フラッシュメモリの生産を一時中断

東芝は、ネットワークに対するランサムウェア攻撃のため、数週間日本でのフラッシュメモリの製造を中断していたようです。
中断した期間は3~6週間程度で、現在は正常に戻っています。

この中断により10万枚近く生産が落ち込んだようです。
そのため2017年Q4からNANDフラッシュメモリの価格低下が予想されていましたが、引き続き高値のままで維持される可能性があります。

ransomware

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です