サムスン メモリ搭載型のイメージセンサーを開発

ソニーは世界で初めてメモリチップを搭載したイメージセンサーを開発しました。
このセンサーは既にXperia XZ1などに採用されていますが、サムスンは同様の機能を有したセンサーの開発に成功したようです。
このセンサーを11月から量産し、Galaxy S9に採用されると思われます。

ソニーのセンサーは、イメージセンサーとロジックチップの間にDRAMチップを埋め込む構造ですが、サムスンはウェアの裏側からTSVでDRAMを接続する方式を採用しました。
これはソニーの特許を回避するためと思われます。
このセンサーは1000毎/秒の撮影が可能です。
995103_20170917170305_338_0001

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です