Qualcomm Snapdragon670に10nmプロセスを採用

QualcommはSnapdragon670をサムスンの10nmプロセスで製造するようです。
生産は2018年Q1から開始され、第3世代のkryo360の8つを搭載しており、2つは高速向け、6つは低消費電力向けのコアです。
現在ミドルレンジのチップSnapdragon660の生産が開始されており、これから続々と採用されると予想されています。
この後継機であるSnapdragon670は、その次のスマートフォンに採用されるでしょう。

snapdragon-200-chip_0

[ソース:weibo]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です