iPhoneサプライヤーの売上が急増

9月に次期iPhoneの発表が行われますが、それに伴いiPhoneのサプライヤーの売上が急増していることが報告されました。
今回3つのモデルが発表されますが、LCDモデルであるiPhone7sシリーズは問題なく量産されています。

一方OLEDモデルは需要が高く、供給が不足することが予想されています。
売上が急増しているのは、PCBサプライヤー、カメラモジュール。ケースサプライヤー、タッチモジュールなどほぼ全てのサプライヤーの売上が急増しました。
そのため9月に3つのモデルが発表されることは、ほぼ間違いないでしょう。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です