野田総務大臣 引き続き携帯電話料金の値下げを推進

高市大臣が進めていた携帯電話料金の値下げについて、野田総務大臣も引き続き進めていくことを発表しました。
その中で、一人一人のユーザーに見合った料金体制を導入して行くことを推奨していくそうです。

ただその料金プランだと、またまた複雑な料金プランになってしまうような気がするのですが・・・。
また携帯電話の負担が大きいとコメントしていますが、一番大きいのは税金や社会保障費なのですが・・・。
そちらの値下げはないのでしょうか?

 

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です