アップル iPhone8の製造遅延は1ヶ月

アップルのiPhone8が例年どおりの9月に発売されるか注目されていますが、サプライチェーンの情報から厳しい状況にあることがリークされました。
サプライチェーンの情報によると、iPhone8か3~4週間程度のち円しているようです。
問題は、TouchIDと顔認識センサー、OLEDディスプレイの供給不足、無線充電などのようです。

やはりiPhone8を9月に発売するのは難しいか、あるいは一部機能を無効にして発売する可能性が高そうです。
20170607000820_0

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です