東芝 結局鴻海とも交渉開始

東芝は、当初日米韓連合と東芝メモリの売却に関する交渉を行うと発表していましたが、結局WDや鴻海とも交渉を再開することを発表しました。
これは日米韓連合の一角ではSKハイニックスが、当初方針を撤回して株式保有を表明したこと、WDとの訴訟リスクがあるため政府系金融機関が尻込みしていることなどがあります。

結局呉越同舟だったために、早々に崩壊してしまったようです。
銀行団としては、さっさと売却してほしいとの考えを持っていることから、鴻海への売却も許容するかもしれません。
WDへの売却は、独禁法の観点から難しく、日米韓連合もSKに技術情報を握られる可能性が出てきたことからこれも難しく、結局お金もある鴻海に決まるのかもしれません。

アップルへのフラッシュの供給も当初予定よりも下回っていることから、結局サムスンが漁夫の利を得た格好になりそうです。

 

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です