NHK ネット受信料新設を画策

NHKはTVなしの世帯を対象にネット受信料を新設することを検討しています。
現行の地上波、衛星放送の受信料制度を維持したまま、新たにネット同時配信のみを利用する世帯に別の契約を設けることを検討しています。
原案ではスマートフォンなどの受信アプリをダウンロードしたユーザーを対象にする予定です。

ただし既に地上波の受信料を払っている世帯は除外します。
なお原案は7月下旬に正式決定する予定です。

民放圧迫の批判も高い状況ですが、さらにお金集めに走るようです。
ただ実際にスマートフォンなどに対して受信料を請求するのは現実的には不可能ではないでしょうか?
海外のSIMフリースマホなどを使用しているユーザーは当然支払い対象外となります。
それをどのように見分けるのでしょうか?

それともキャリア契約時に強制的にNHKとも契約させるのでしょうか?

 

[ソース:毎日新聞]

Pocket

2 thoughts on “NHK ネット受信料新設を画策

    • こんにちは。コバやんさん。
      NHKが批判されるのは、出来るだけお金をかき集めたいという意図がミエミエだからでしょう。
      スマホなどはテレビと比較して圧倒的に画質等が劣るので、もっと安価にするとか企業としての戦略が見えればマシなのかもしれません。
      ただ通常の企業とは異なるので、何とも言えませんが。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です