スマートフォン向け部品が不足

2017年のQ3に新型iPhoneの生産が開始されますが、それに伴い多くのスマートフォンの部品が不足するようです。
2017年後半にはAndroidのスマートフォンも新しいモデルを発売します。
現在スマートフォンベンダーは部品の確保に奔走していますが、メモリー、バッテリー、カメラ、カメラモジュールが特に不足しているようです。

さらに今年の後半は18:9のディスプレイ、USB Type-Cが主流となるので、これらの部品も不足すると予想されています。

ay_toshiba130205_fig01

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です