世界のトップ14スマートフォンサプライヤー

2016年の世界のトップ10のサプライヤーが発表されましたが、トップ14のうち10社が中国企業が占めました。
アップル以外は全て中華系の企業になります。

2014年にはソニーが10位で4000万台販売していましたが、2016年にはわずか1500万台まで急減しました。

bulletin20170615Fig01

[ソース:icinsights]

Pocket

2 thoughts on “世界のトップ14スマートフォンサプライヤー

  1. ソニーの販売数がそこまで減っているとは驚きですね。
    性能が良くて尚且つ安く作り上げられる(安く販売できる)中華系には、やはり歯が立たないですね。
    まぁ、ソニーはセンサ関連で儲けを出せていそうなので、無理をしてスマホを販売する必要も無いのでしょうが…。
    日本国内だけでさえ、国がスマホを売らないように誘導してもいますし、今後はさらに難しくなりそうですね。

    • こんにちは。てんさん。
      センサーもサムスンが参入して来ているので、油断できません。
      まだソニーの方が有利なようですが、年間数千万台スマートフォンを販売している企業の参入はかなり脅威になりそうです。
      ハイエンドに特化すると言って逃げ続けるソニーは、数年後にはスマートフォンから撤退しているか、テレビのようにOEM供給になっているかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です