中国企業 QHDのOLEDの生産開始

サムスンディスプレイと大日本印刷が結んでいた中小型向けのOLEDのシャドーマスクの独占契約が切れたことにより、大日本印刷は中国バネルメーカーとシャドーマスクの供給契約を締結したようです。

サムスンディスプレイは独占契約を結ぶことで、世界の中小型OLED市場を独占してきましたが、いよいよこれが崩れることになります。
中国企業もこれまでOLEDを開発していましたが、技術力不足でFHDの解像度で開発が止まってました。
大日本からシャドーマスクを購入することで、一気にQHDの開発が加速することになりそうです。

 

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です